日常 編集

量産型ヲタク風動画の作り方

最近TikTokの活動を再開した碧杏ですどうもどうも。

現在実は3つのアカウントを所有しているのだが、今稼働しているのは しあきい というアカウントがメインだったりする。(本垢である きいと では顔出し、しあきいは顔を出さないヲタ活メインのアカウントと使い分けている)

@cyan_xxx_8520

サイノ筐ニワの玖ちゃんが好きです💚🥳 ##本気出してみた ##量産型ヲタク ##地雷系 ##蒸気娘 ##Vaporwave ##aesthetic ##バンギャ ##サイノ筐ニワ ##めあかわいい ##capcut ##フォーリンラブ

♬ フォーリンラブ – しあきい

ヲタ活のアカウントではこのような、いわゆる量産型ヲタクであるとか地雷系と言われるような、推しの映像を編集した動画を主に作成している。

しかし、ただ量産型ヲタクであるとか地雷系のような動画にするのはつまらないと感じる反骨精神のあるヲタクなので、Vaporwaveのヴィジュアルをサンプリングしつつ量産型ヲタクっぽい映像作りを模索していたりする。(これを仮に蒸気娘と定義しよう)

今回は、メモ程度にどんな風に動画を作っているか解説してみる。多分、普通に量産型や地雷系の動画を作りたい方にも少し参考になるのではないだろうか。

さあ、動画を作ろう。

まず、使うアプリだが主に編集は「CapCut」というアプリである。このアプリを使いこなせるようになるとかなりTikTokの投稿が楽になるので一度試してみてほしい。

また、好みで「SNOW」などのアプリがあるとかわいいフィルターがかけられるためオススメしておく。

カット作業

まずはカット作業である。これは本当に自由に好みで動画や画像などを組み合わせていただきたい。今回の動画では動画と動画のつなぎ目はトランジションのみ使用しているが、アニメーションという項目を組合せても楽しい。

ここで書いておきたいのが、途中で縦画面から横画面になる部分である。

縦画面から横画面にする加工にはクロマキーを使用

ここは動画の背景をグリーンなどクロマキーに対応出来る画像にし、小さく必要となる映像を載せている。

これを後にクロマキーで背景を透過し、同じ映像を大きく載せ直すという方法を取っている。

この動画を1度エンコードし、新たなプロジェクトで細かな編集を追加する

装飾

これは主にテロップ作業とデコレーションに分けられる。

まず初めにテロップを入れる。基本的に使うフォントは「吹き出し」「オーバーラップ」「ローマ」の3種。

量産型ヲタクっぽい加工にしたい場合は上記の3種意外にも「コミック」というフォントがよく使用されるが、ちょっと実は使い方が悪いとダサく見えるので僕は使わない。

基本的にはテロップには「エフェクト」というものをかける。主にネオン風のものが量産型ヲタク風動画にはよく使用される。

好みで色を変えることが出来るので、メンバーカラーであったりピンクなどの量産カラーに変更することも可能。

「雷」や「ジリジリフォーリンラブ」などの部分には2つのテロップを重ねて使用している。ネオン風のテロップの下にグラデーションのテロップを重ねている。

また、「オーバーラップ」に関しては下の2種のエフェクトも合うのでおすすめしたい。

そして何より多用したのが、ネオン風の2重になっているエフェクト。緑にするとクリームソーダ感が出てとてもかわいいと判明。

この辺を駆使しながら動画にテロップを入れた。

また、テロップには絶対にアニメーションを加えることをおすすめする。特によく使用したのが「らせん」、「はじき弓」など。

そして最後に、ステッカーを要所要所に加えてデコレーションしていく。例としては「雷」の部分の雷や「しらける」の部分の胸像など。

これらは基本全てCapCutに最初から入っているステッカーを使用している。

量産型ヲタクっぽくしたい場合はHOTの部分やPlayの部分にあるキラキラやハートのステッカーを使用すると量産型ヲタクっぽくなる。

逆にVaporwave強めにしたい場合はパソコンのアイコンのステッカーを使用するとよい。

以上

このやり方を駆使すると、かなりそれっぽい動画が作れるということがなんとなく伝わればいい。これはメモなので。

signature

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top